学校ってなんだろう?

  • 2017.01.14 Saturday
  • 00:43

 

こんにちは!

 

彩子&三姉妹です*^^*

 

あけましておめでとうございます!

 

いつもクリスタルブログを読んでくださり、

 

ありがとうございます!^^

 

 

私たちは、本来は、もともと、

 

愛と光から生まれた存在であることを潜在的に知っている。

 

そして、それを幼いうちから記憶しているのが

 

現代を生きているクリスタルチルドレンたちでもあり、

 

私たち大人も、本当はもともとそうだった。

 

 

水瓶座の、アクエリアスの時代に入り、

 

それを思い出す時がいよいよやってきたと思います。

 

今年も、クリスタルチルドレンの子供たちの、

 

生きたメッセージを

 

皆さまにたくさんお届けできたらいいなと思います!^^

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

さて、今回は、

 

我が家の三姉妹の長女の汐里さんが

 

ブログの記事を書いてくれました!!!*^^*

 

 

 

=====================

 

こんにちは!

 

汐里です^^

 

遅いですがあけましておめでとうございます!

 

今年もよろしくお願いします!

 

 

さて、私は最近冬休みが終わって新学期が始まりました。

 

冬休みには宿題がたくさん出て、


新学期に入っても終わらなくて困りました(笑)

 

宿題に追われる毎日にうんざりしていたときに、

 

読書感想文の課題で、

 

苅谷剛彦さんの「学校ってなんだろう」

 

という本を読みました。

 

 

学生の方なら誰でも、

 

どうして勉強しなければいけないのか、

 

校則があるのかなどの

 

学校に対する疑問を持ったことがあると思います。

 

私もそう思うことがよくあります。

 

ですが、この本を読んで、

 

学校へ行くこと自体が学ぶことだということを知りました。

 

学校では勉強するだけでなく、

 

校則を守ったり、友達と関わったりしていくうちに、

 

社会や人として大切なことを学んでいくことができます。

 

私は、学校には、

 

そんな大切なことを学ぶ機会がたくさん潜んでいるのだな、

 

と思いました。

 

そう考えてみると、

 

学校生活の見方が変わってきませんか?

 

学校生活では、楽しいことだけでなく、

 

大変なことやつらいことがあるかもしれません。

 

ですが、

 

そういうことからも学べることがきっとあります!

 

皆さん、ぜひたくさんのことを学びながら、

 

楽しい学校生活を送っていって下さい!

 

汐里

 

 

=====================

 

 

 

もうすぐ中学卒業、高校進学を控えての

 

忙しい時期に差し掛かっている中、

 

冬休みの宿題の課題図書を通じて、

 

「学校とは何か?」「学ぶとは何か?」

 

ということについて、感じることがあったようです。^^

 

 

もともと人はみな

 

愛と光の存在ということを知っている

 

クリスタルチルドレンの子供たちも、

 

少しずつ成長し、生きていく中で、

 

沢山の経験をして、沢山のことを学んでいると思います。

 

 

『地球はひとつの学校』

 

『地球は愛を学ぶための進化のステージ』

 

 

と言われることがよくあるように、

 

この地球自体が、沢山のことを学べる学校なんだな、

 

ということを感じました!^^

 

 

地球からみたら、

 

私たちは、みんな、大人も子供も、

 

ひとりひとりが、本来は、可愛くて純粋な子供たちであり、

 

クリスタル・チルドレンなのかもしれませんね!*^^*

 

 

我が家の三姉妹も、

 

この地球という大きな学校で、

 

色々なことを学び、経験していってもらえたら

 

いいなと思っています!^^

 

 

 

愛と感謝を込めまして

 

彩子&三姉妹

 

 

 

 

天体の音楽

  • 2016.11.08 Tuesday
  • 19:34

 

こんにちは!照子です。^^

 

 

先日、子供向けのコンサートを聞くチャンスがありました。

 

 

小学生の子たちがたくさん来ていて、

 

 

指揮者の方もこどもにも分かるように、

 

 

いろいろなお話しをしてくれて楽しかったです♪

 

 

その中で、ワルツの曲の「天体の音楽」について、お話しがありました。

 

 

19世紀、舞踏会ではその日のテーマがあったそうです。

 

 

ある舞踏会では、「天球の音楽」というテーマになり、

 

 

そのためにワルツ「天体の音楽」が作られたそうです。

 

 

会場には、星をちりばめた青い布が飾られたそうです。

 

 

もともと古代ギリシャでは、人間には聞こえないけれど、

 

 

宇宙全体が一つのハーモニー「天球の音楽」を奏でていると

 

 

言われていたそうで、19世紀にこの考えが流行っていて、

 

 

舞踏会のテーマにも使われたそうです。

 

 

今ならどうでしょう?

 

 

You tubeでは、NASAの衛星から録音した地球の音を、

 

 

地球の映像とともに聞くことができます。^^

 

 

地球の息遣いのような不思議な音でした。^^

 

 

19世紀ではワルツで表現しましたが、21世紀では、

 

 

本当に録音することができますね。

 

 

でも、コンサートに来ていた子供たちがもっと大きくなるころには、

 

 

地球だけではなく、本当に宇宙の遠くの音も録音できるかもしれません。

 

 

それは、シンフォニーのように聞こえるかもしれません♪

 

 

ワルツ「天体の音楽」を聞いた子供たちが、

 

 

宇宙の音楽に興味を持って、

 

 

地球や宇宙に夢を持ってくれて、

 

 

本当にそういう音楽が聞こえるような未来になったら楽しいな、

 

 

21世紀を生きる子供たちに、大きな夢と大きな愛を

 

 

持ってもらいたいな、と思いました。(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの絵本♪

  • 2016.11.02 Wednesday
  • 23:45

 


こんにちは、京子ですニコッ
 

 

今日は子どもたち2人から「おすすめの絵本」をご紹介させて頂きますきらきら
 

 

 

〜・*・〜・*・〜・*・〜・*・〜・*・〜・*・〜・*・〜・*・
 

ハートわたし(7才)のおすすめのえほん:「そらまめくんのベッド」
 

 

ハートおはなし:
 

 

そらまめ君はじぶんのベッドをだれにもかそうとしないある日、

ベッドがありません!
 

 

みんなに聞くと「かさなかったバツさ」と言われました。
 

 

ベッドはうずらが卵を温めていました。
 

 

うずらの子どもが卵からかえって、そらまめ君がベッドを持って行きました。
 

 

その後、みんなをベッドにしょうたいしました。

 

 

ハートおすすめするりゆう:
 

 

「ハッピーなことをすれば、ハッピーがかえってくる」

ということをつたえてくれる「えほん」ですねこ

 

 

ハートこの「えほん」のかんそう:
 

 

すごくやさしいきもちになりますハート

 

 

ハートみなさんへ:
 

 

いつもハッピーでいてください♪

そうしたら、まわりのみんなもハッピーになります♪

 

 

 

〜・*・〜・*・〜・*・〜・*・〜・*・〜・*・〜・*・〜・*・
 
晴れぼく(10才)のおすすめの絵本:「ハグくまさん」
 
晴れこの絵本をえらんだ理由:
 
ハグくまさんは、なんでもハグをします。
 
それは、ハグくまさんがみんなのことを大好きだからだと思います。
 
ぼくもみんなのことが大好きなので、小さい時からみんなをハグしてきました。
(今は、心の中でハグすることもあります)

 
晴れみなさんへ:
 
みなさん、ぜひ、読んでみてくださいはーと
 
子どもの人はぜひ、お母さん・お父さんをハグしてみてね♪
 
これを読むと、ぜったいに愛になりますきらきら
 
〜・*・〜・*・〜・*・〜・*・〜・*・〜・*・〜・*・〜・*・
 
子どもたちが小さい頃から何度も繰り返し読んだ絵本ですニコッ
 
2冊とも、とっても心があたたかくなる絵本ですきらきら
 
秋の夜長のおともに、ぜひハート


 

〜おススメの映画より〜

  • 2016.09.13 Tuesday
  • 22:00

こんにちは!!

 

 

航(12歳)&あめのひかりです!

 

今日は、夏休みに観た、おすすめの映画を2つ

 

ご紹介します!!

 

 

ダダダダダダダダダ・・・・・(ドラムロール!)ほっしぃ

 

 

1つめ

 

「シン・ゴジラ」

 

 

すでにご覧になった方もたくさんいらっしゃると思いますが

 

航が、これまで観た映画の中で、第一位だそうです!!

 

 

 

鑑賞直後の感想は

 

「超おもしろかった!!」

 

とのことでした。

 

映画について、親子で話し合ったのですが

 

とても、現実的なイメージが沸きました。

 

(監督は、とても詳細に取材を重ねて作られたそうです)

 

 

そして、

 

日本という国の底力を観た気がしました。

 

一人ひとりがもっている力(日の本のDNA??)を結集すれば

 

なんでもできる、どんなことも乗り越えられるという勇気が沸いてきました。

 

「スクラップ&ビルド」

 

映画の中の象徴的なセリフですが

 

今の価値観や、古いものを壊し、新しく生まれ変わる、創りかえる。

 

これからの世界をあらわしているように感じました!

 

そして、未来の「ビルド」をしていくのが

 

クリスタル・チルドレンだと感じました!!

 

 

 

 

2つ目は、

 

「君の名は。」

 

こちらも、ご覧になった方が多いと思います!!

 

映画館も、平日にもかかわらず、若い方(中高生が多い!!)から、

 

ご年配の方まで、大盛況で、驚きました。

 

航には、ちょっと早かったかもしれませんが、楽しんで観ていました。

 

真の愛の絆、想いの強さは時空を超え、みんなのためなら、運命は変えられる。

 

劇中では「結び」という言霊を、「組紐」で象徴していました。

 

 

むすひ(結び・掬び)とは、

 

苔生す(こけむす)も同根であり、霊的、神秘的な働きのことで

 

神道では、万物は、「むすひ」の働きにより、発展するそうです。

 

 

私たちが、この地上で引き合うもの、人、自然、エネルギー、地球そのもの、太陽そのもの。

 

それらすべては、もともと1つのものだから、自然に引き合う。

 

磁力のように、もとに戻そうとする働きを「むすひ」というのかな?と感じました。

 

航も「そう感じる」とのことでした!

 

 

ぜひ、親子でご覧になられてください!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM